赤坂で働く社長のアクアリウム

コハナガタサンゴ

コハナガタサンゴ01

透明感のあるコハナガタサンゴ

和名:コハナガタサンゴ

学名:Cynarina lacrymalis

本州中部以南に分布し、濁りのある礁斜面の深場で見られます。
単体性のサンゴで骨格は円形又は楕円形、その中央に口が一つあります。昼間は触手を出さず、大きく体壁を膨らませています。隔壁は非常に大きく厚みがあり、大きな鋸歯を持っています。色は褐色、白色、赤色、緑色などが見られます。

コハナガタサンゴ02

コハナガタサンゴの表面を拡大