赤坂で働く社長のアクアリウム

ミズタマサンゴ(バブルコーラル)

ミズタマサンゴ(バブルコーラル)01

その名の通り水玉のようなサンゴ

和名:ミズタマサンゴ

学名:Plerogyra sinuosa

ミズタマサンゴは、沖縄以南に分布するハードコーラルで、比較的波が穏やかな急斜面の壁面に生息しています。
群体はフラベロ−メアンドロイド型(骨格の谷が長くなり、別々の壁を持つように形成された群体)で、短い隔壁が莢 壁から大きく突出しています。
昼間と夜の姿がかなり異なるサンゴで、昼間は水玉のような嚢胞を大きく膨らませていることから、和名「水玉サンゴ」通称「バブルコーラル」と呼ばれています。夜間は嚢胞が縮み、触手を伸ばして食事をします。群体の色は、白、青、褐色、黄緑、紫等、様々です。

ミズタマサンゴ(バブルコーラル)02

よく見ると、指紋のような模様があります