赤坂で働く社長のアクアリウム

ナガレハナサンゴ

ナガレハナサンゴ01

ナガレハナサンゴ

和名:ナガレハナサンゴ

学名:Euphyllia(Fimbriaphyllia) ancora

本州中部以南に分布し、礁池や礁斜面の潮通しの良い場所に見られます。
群体全体は数mの非常に大きなものも見られ、昼間も長い触手を出し、触手の先端がへら形または腎臓形になっているのが大きな特徴です。中央の口盤に大きな口を複数持つが、普段は触手に隠れて見えにくいです。色は褐色、緑色のものが見られ、触手先端までの根元のみ緑色のものが多く見かけられます。

ナガレハナサンゴ02

ナガレハナサンゴのポリプを拡大