赤坂で働く社長のアクアリウム

ウチウラタコアシサンゴ

ウチウラタコアシサンゴ01

和名:ウチウラタコアシサンゴ

学名:Monomyces uchiuraensis

本州中部に分布し、水深30m以深の岩礁に見られます。
単体性のサンゴで、直径7〜10cm程度の卵円筒形の骨格を持っています。下部から突起を出し、岩に付着していて、外側は骨格がむき出しで、サンゴ体は骨格内にのみ見られ、太く長い触手を伸ばします。触手の先端は丸く、色彩が異なることがあり、口盤は橙色で、触手は白色、橙色、桃色、黄緑色などが見られます。

ウチウラタコアシサンゴ02